病後児保育・体調不良児対応型

事業・サービス概要

病児・病後児保育事業とは、お子さんが病気又は病気の回復期にあり、集団生活が困難で、保護者が保育をできない場合に保育施設でお預かりする事業で、病児対応型と病後児対応型の2つのタイプがあります。

パンダ保育園 病後児保育

病気の「回復期(※)」で集団生活が困難な期間において、一時的に保育を行います。

※回復期…医療機関による入院加療の必要はないが、安静の確保に配慮する必要があり、集団生活が困難な状態。


対象となる病気と回復期の考え方

  1. 風邪、消化不良(多症候性下痢)等、お子さんが日常かかる病気
  2. 風疹等の伝染性の疾患で、かかりつけの医師が感染の心配はないが保育園等の集団生活は難しいと判断したとき
  3. 喘息等の慢性疾患
  4. 熱傷等の外傷性の疾患

※発熱が38.0度を超え、朝からぐったりし、食事がとれない症状や、伝染性の初期(発病より3日以内)の時、利用当日症状がぶり返すなど再度受診が必要と思われる場合は、お預かりできない場合があります。


受け入れ範囲について

疾患 病後児保育受け入れ基準 一般保育開始日
風邪 回復傾向がみられたら 回復したら
インフルエンザ 発病後4日目から 発症した後5日を経過し、かつ解熱後3日を経過してから
症状の回復傾向がみられたら
おたふく風邪(流行性耳下腺炎) 発病後4日目から 腫れがひいて、全身状態が良好であること(1週間)
症状の回復傾向がみられたら
手足口病 発病後1日目から(熱が38℃以下) 発熱や口腔内の水疱・潰瘍の影響がなく、普段の食事が取れること
プール熱(咽頭結膜炎) 発病後4日目から 主症状(熱が下がって喉の痛みなどがなくなった)消退後2日を経過してから
症状の回復傾向がみられたら
ヘルパンギーナ 発病後4日目から 熱が下がって、口腔内の痛みがなくなるまで
症状の回復傾向がみられたら
溶連菌感染症 抗生剤を飲み始めて24時間以上経過してから 抗生剤を飲み始めて、24~48時間以上過ぎて、全身状態が良いこと
りんご病(伝染性紅斑) 希望があれば 頬が赤くなったときは、すでにうつる時期が過ぎているので登園してもいい
細菌性胃腸炎(サルモネラなど) 発病後4日目から 病状により、医師によって感染のおそれがないと認められるまで
ウィルス性胃腸炎(ノロ・ロタ) 嘔吐や下痢の症状が落ち着いたら

病後児受け入れ基準

  • 医療機関による入院加療の必要はないが、安静の確保に配慮する必要があり、集団生活が困難な状態
  • 医療機関受信後の子ども(診療情報提供書持参に限る)
  • 診療情報提供書内にある安静度  室内保育のレ点がある場合(別紙参照)
  • 利用時体温38.0度未満である

~こんな場合はお預かりできません~

  • 例).昨日37.5度の発熱があり、今日朝37.9の発熱がある。この場合は回復期とは言えず、体調が悪化していると考えられるため、お預かりできません。
  • 例).昨日38.7度の発熱はあり、解熱剤を使用し今朝37.0度になった。この場合は解熱剤で下げているため回復したとは考えられないため、お預かりできません。
  • 例).昨日から、食事・水分が取れず、ぐったりしている場合、急変する可能性があるので、お預かりできません。
★持ち物については、こちらをご覧ください。

病後児保育とは

お子さんが病気の回復期にあり、集団生活が困難で、保護者が保育をできない場合に保育施設でお預かりする事業です。



病後児対応型

病気の「回復期(※)」で集団生活が困難な期間において、一時的に保育を行います。
※回復期・・・医療機関による入院加療の必要はないが、安静の確保に配慮する必要があり、集団生活が困難な状態。

利用できる方

沼津市内にお住まいで私立・公立保育園、幼稚園、保育所、小学校(低学年)等に在籍しているお子さん、自営業の方のお子さんが「病気回復期」であり、自宅での育児を余儀なくされている期間、お子さんをお預かりします。

前日までに事前利用登録

前日までに事前利用登録

※いざという時にすぐ利用できるよう、前日までにご登録をお願いします。

実際に利用するときの連絡

かかりつけ医受診
(情報診療提供書持参にて病院受診 ※1)

利用日前日に連絡

パンダ保育園 病後児保育室に直接お申込みください。
TEL:055-939-7871
※利用前日の午前8:00~午後4:30までにご連絡ください。

入室・保育開始(利用連絡票提出)

情報診療提供書をご提出ください。

保育終了(利用料支払い)

◎予約後にキャンセルする場合には、必ず当日の午前8時までに、
パンダ保育園 病後児保育室に連絡をお願いします。
※1 当園ホームページよりダウンロードできる診療提供書又は、
受信した病院から発行される、病名・安静度が記載されている書類

保育時間

平日(月~金) 午前8時~午後5時(延長30分ごとに300円。午後7時30分まで延長可。)

土曜日・日曜日・祝日、12月29日~1月3日はご利用いただけません。

利用料金

利用料(1日) 日額 2,000円(延長30分ごとに300円)

給食・おやつ代: 1日350円(前日までに予約された方に限ります。)

 

※ 食物アレルギーのある方は、お弁当、おやつをご持参ください。

利用方法

パンダ保育園 病後児保育室に直接お申し込みください。

登録の際に、保険証・母子手帳・乳幼児医療受給者証をご持参ください。

TEL:055-939-7871

保育時間 平日(月~金) 午前8時~午後5時(延長30分ごとに300円。午後7時30分まで延長可。)
土曜日・日曜日・祝日、12月29日~1月3日はご利用いただけません。
予約受付時間 午前8:00~利用前日の午後4:30
※ご利用の前日までにご連絡ください。
お問い合わせ 月~金  午前8:00~午後4:30


利用登録または初回ご利用の際にお持ちいただく書類

  1. 病後児保育室事業利用登録申込書
  2. 同意書・重要事項同意書


ご利用毎にお持ちいただく書類

  1. パンダ保育園内病後児保育事業利用紹介書(診療情報提供書)
  2. 病後児保育事業利用申請書兼承諾書

ご利用の際は上記必要書類をダウンロード・出力し、事前にご記入の上お持ちいただくことをおすすめします。

利用定員

1日各3名

お預かりするお子様の症状等により定員未満でもお預かりできない場合があります。

持ち物

全ての持ち物に、分かりやすく名前を記入してください。

病児保育利用連絡票
与薬依頼表
病児保育利用申請書
医師の処方した薬(1回毎に分けてください)
薬の処方内容の説明用紙
着替え(2~3組程度)
お手拭きタオル(3枚)
口拭きタオル(2枚)※0~2才児
食事用エプロン(2枚)※0~2才児
コップ
はし・スプーン・フォークセット
汚れ物を入れるスーパーの袋(3枚)
紙おむつ(必要な数)・おしりふき
お弁当(お子様の食べられる量)
※前日までに予約された方は給食注文可(おやつ付き 350円)
ミルクと哺乳瓶(1回分ずつに分ける)
おやつ(お子様の食べられる量)
水筒、またはペットボトル(水、お茶等)

体調不良児対応型保育

当保育園をご利用の園児が保育中に微熱を出すなど「体調不良」となった場合、保護者様が迎えに来る間、当園の看護師が園児の保育をします。

利用できる方

パンダ保育園を利用している園児

対象

当園児の急な発熱・下痢・嘔吐等、集団生活が困難と判断した場合又、けがなどで個別に配慮が必要な場合

実施方法

看護師が、体調不良児の保育に専念します。

※体調不良となった時点で保護者様には連絡を入れます。

※症状がひどいと判断した場合は、お迎えをお願いする事があります。

利用料金

無料

お問い合わせ

パンダ保育園 お電話でのお問い合わせ・ご相談は

055-939-7871

月~金  午前8:00 ~ 午後4:30
パンダ保育園 メールはこちら
お問い合わせ
topに戻る